日本の「西海岸」福岡でイノベーションが生まれる理由

福岡を拠点に、企業投資と助言を行うプロフェッショナル集団として、長く九州の中小企業・ベンチャーを支えてきたドーガン。同社代表取締役社長の森大介氏に、福岡から次々と新規事業・イノベーションが生まれる理由について聞いた。

森 大介(ドーガン 代表取締役社長、事業構想大学院大学 客員教授)

企業はヒト、というのが50歳になる今さらながらの私の結論です。特にグローバル化、IT化が進む世界で、企業が勝ち残っていくには、イノベーションを起こせる人がどれだけ集い、競い、協力するかに拠るところが大きく、問題はどこに人材を集められるかです。

同じ仕事に取り組むのであれば、ほとんどの人は環境がよいほうを選ぶでしょう。住まいが職場に近く、小さい頃からの友達や家族や顔見知りの地域の人々が身近にいて、安価に手に入れることができる新鮮な食材があり、リフレッシュできる自然といつでも容易に戯れることができる、そんな環境が理想的です。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。