経営者の行動こそが広報活動 コマツ野路会長が語る広報戦略

野路 國夫(コマツ 取締役会長)

常に「GEMBA」を革新する

上野:2021年には創立100周年を迎えるとのことですが、なかでも海外業績が伸長しています。コマツは早くから海外戦略に重点を置いてこられましたね。

野路:建設業界はいち早く市場が自由化された業界ですから、私が入社した時点で既に海外展開が進んでいました。海外の競合との戦いに勝ち抜くために品質第一主義を貫いてきました。自由化やプラザ合意による環境の変化が海外市場で戦える会社を育てていったのでしょう。

上野:中期経営計画を拝見したのですが、「We Innovate GEMBA」という言葉がありました。イノベーションといえば、約20年前に「KOMTRAX(コムトラックス)」という独自の機械稼働管理システムを、まだIoTという言葉もない時代に開発されています。野路会長が当時、情報システム本部長として指揮されていたと聞いています。

野路:盗難防止のために必要ではないかという意見がきっかけで、数億円を投資してやってみようと判断したわけです。日本がなぜIoTやAI、情報システムの分野で苦戦しているのか。現場はアイデアを持っているのに、経営トップが決断しないからですよ。現場から意見が上がってこないのは、トップが現場に行かないからです。今のように急激に進化している時代は、経営層は現場でいろんな勉強をしなければいけない。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り58%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。