岐阜県の観光は「北高南低」 匠の技の世界ブランド化に期待

飛騨・高山をはじめ、インバウンド観光の競争力で注目される岐阜県。その強みは、一朝一夕に生まれたものではなく、高度経済成長期から築かれていた。一方、南部の美濃地方には、伝統工芸の豊富な資産があり、その「革新」が期待される。

2017年4月、「ジャパン・ガイド」が180万ユニークユーザーのアクセスデータを解析して発表した「外国人が興味を持っている都道府県ランキング」において、岐阜県は全国7位にランクインした。インバウンド消費額は510億円で全国14位。

岐阜県のインバウンド観光を支えているのは飛騨地方であり、その中心地・高山市のインバウンド対策の卓越性については、近年縷々報道されている。しかし、実を言えば、(岐阜県ならびに)高山市の観光への視点は、インバウンド観光とは無縁の高度経済成長期から際立っていたと筆者は考えている。

高山市には「飛騨の里」など、外国人の人気を集める観光資源が多数存在する

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り87%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。