IoT、3Dプリンタの技術革新 拡大するパーソナライズ市場

インターネットの普及、IoTや3Dプリンタによる生産技術革新により、消費者の意見を反映したカスタマイズ・パーソナライズが容易になった。個人に合わせた製品・サービスが広まれば、生産や流通の枠組みも変わる。

パーソナルデータ利活用ビジョン

サービスや製品のカスタマイズの基本となるのは個人のデータだ。個人に合わせるためには、その個人に関する様々なデータが必要となる。IoTの発達により取得できるデータは増えている。データ量が多いほどカスタマイズの度合を高めることができるが、日本ではプライバシー侵害への懸念が根強い。産業競争力懇談会では、「個人主導のデータ流通」を提唱している。

出典:産業競争力懇談会資料より編集部作成

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り60%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。