2017年12月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

パーソナライズの新ビジネス

IoT、3Dプリンタの技術革新 拡大するパーソナライズ市場

月刊事業構想 編集部

2
​ ​ ​

インターネットの普及、IoTや3Dプリンタによる生産技術革新により、消費者の意見を反映したカスタマイズ・パーソナライズが容易になった。個人に合わせた製品・サービスが広まれば、生産や流通の枠組みも変わる。

パーソナルデータ利活用ビジョン

サービスや製品のカスタマイズの基本となるのは個人のデータだ。個人に合わせるためには、その個人に関する様々なデータが必要となる。IoTの発達により取得できるデータは増えている。データ量が多いほどカスタマイズの度合を高めることができるが、日本ではプライバシー侵害への懸念が根強い。産業競争力懇談会では、「個人主導のデータ流通」を提唱している。

出典:産業競争力懇談会資料より編集部作成

カスタマイズに対する消費者の認知と、実際に購買したセグメント

英国で2015年に実施された調査では、カスタマイズ・サービスとしての認知度、実際の購買ともに、トップは旅行。衣服、家具がそれに続く。認知度は高いが実際に購入した人は少ないのが、装飾品や履物だ。(調査対象:英国の16歳以上1560人)

出典:Deloitte Consumer Review

残り33%

2
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる