U25の起業家に投資 「若い天才」を見極める方法

U25(25歳以下)のスタートアップへの投資に力を注ぐベンチャーキャピタル、Skyland Ventures。なぜ、投資対象に「U25」を掲げたのか。

木下 慶彦(Skyland Ventures 代表パートナー)

Skyland Ventures代表の木下慶彦氏は、「20代後半になると、起業の成功率は下がっていく印象がある」と話す。

「2012年に独立系VCを設立し、約5年で多くの起業家に会ってきました。ケース・バイ・ケースですが、前職のキャリアがある人よりも、大学在学中の起業か、就職せずに起業した人のほうが伸びしろが大きい。現在、50社ほどに投資していますが、ここ1~2年の投資先は会社勤務を経験していない学生起業家ばかりです」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り78%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。