2017年6月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域イノベーターの育て方

九州大学に「起業部」 学生ベンチャー創出へ、第一人者が奔走

熊野 正樹(九州大学 学術研究・産学官連携本部 准教授)

0
​ ​ ​

2017年7月、九州大学公認の部活動「起業部」が創設される。起業家教育に携わる大学教員を対象とした、経済産業省主催のベンチャーアワードで、「最優秀教員賞」を受賞した熊野正樹准教授は、地方大学で学生ベンチャーの創出に挑む。

熊野 正樹(九州大学 学術研究・産学官連携本部 准教授)

今、さまざまな大学で起業家教育が実施されている。そうした中、2015年12月、経済産業省が主催する「University Venture Grand Prix 2015」において、イノベーション教育・起業家教育に関する講義を行う大学・大学院の教員を対象とした部門で、「最優秀教員賞」を受賞したのが、当時、熊本県の崇城大学(旧:熊本工業大学)で「起業部」顧問だった熊野正樹准教授だ。

崇城大学は理工系の大学であり、学生数は1学年800人。熊野准教授が担当するベンチャー起業論は、自由選択科目にもかかわらず半数の400人が受講ける人気講義となり、さらに、その1割が「起業部」に入部した。日本で初めての大学公認の「起業部」である。熊野准教授が設立した部活動であり、そこから巣立った起業家も出ている。

熊野准教授は、2016年6月より九州大学学術研究・産学官連携本部にて学生ベンチャーの創出に力を注いでいる。

熊野准教授は、九州大学に「起業部」(www.qdai-startup.com)を設立。入部希望者が殺到しており、すでに80名が入部登録したという

「起業」に関する誤解を解く

「日本の起業環境を考えると、今一番課題なのは、VC(ベンチャーキャピタル)など支援者ばかりが増えて、起業家がいないこと。しかし、多くの大学は起業家輩出のための実践的な起業家教育を提供できていません」

熊野准教授によると、学生たちはベンチャー起業について、誤ったイメージを持っているという。講義で学生に起業のメリットを尋ねると、「金持ちになれる」「社長になれる」「モテそう」といった声が出てくる。一方、デメリットについては、口を揃えて「失敗すると借金を背負い、夜逃げしなければならない」などの答えが返ってくる。

「そもそも学生は銀行からお金を借りることはできませんし、ベンチャーとは投資家から投資を受けて始めるものです。学生ベンチャーの社長が、個人保証が原因で多額の借金を背負い、夜逃げに追い込まれるようなことはありません。銀行融資で事業をする中小企業(small business)と、投資を受けて成長を目指すベンチャー(Startup)は似て非なるもの。『融資』と『投資』の違いすら、十分に認識されていないのです」

起業の基礎知識を教えることから、熊野准教授の講義は始まる。

「ベンチャービジネスと何か、投資と融資の違いとは何かなど、基本的なことから教えていきます。最低限の知識さえ不足しているので、誤った怖いイメージばかりが先行してしまうのです」

学生が本気でベンチャーの立ち上げを目指す「起業部」。サッカー部がサッカーをするがごとく、「起業部」は学生起業をする

残り57%

0
​ ​ ​

バックナンバー

最新情報をチェック。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる