一次産業の新たな「流通プラットフォーム」にビジネスチャンス

苦境に立たされる日本の一次産業。今求められているのは、地方の一次産業と都市とを結ぶ、新しいプラットフォームだ。

フーディソンのスマートフォンで鮮魚を注文できる飲食店向けサービス「魚ポチ」

日本の一次産業従事者(農業・林業・漁業)は238万人(2010年)と2000年比で約80万人減少している。担い手の高齢化、生産性と収益性の低さなど、一次産業衰退の原因はさまざまであるが、課題のひとつに「流通」が挙げられる。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。