2016年10月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地方創生の検証と対策

自分史、移動販売など 全国展開する地方発「課題解決ビジネス」

住友 達也(とくし丸 代表取締役)

0
​ ​ ​

地方都市には少子高齢化や過疎化などの課題が山積している。そうした地域で生まれた課題解決型ビジネスが急成長し、全国展開を遂げるケースが増えてきている。地方創生に向けて、自治体には有望な課題解決型ビジネスの成長支援が求められている。

高齢者にも読みやすいよう、写真と文字を大きくした。繰り返し自分史を読むことで、認知症を予防・改善する

高齢化率日本一の県で生まれた認知症ケアのための自分史制作

高齢化率日本一の秋田で、自分史づくりを通した認知症ケアを行う、私の絵本カンパニー(秋田市)。同社の自分史は、写真を多く使い、文字とページ数は少なめの、絵本のようなスタイルだ。高齢者が繰り返し自分史を読むことで、「回想法」という心理療法で認知症を予防・改善する。

その取り組みは全国からも注目されている。2016年秋からは、新聞発行数世界一の読売新聞と連携し、自分史制作事業を関東圏でもスタートすることが決まった。

私の絵本カンパニーの北林陽児代表は、「事業のヒントは祖母からもらいました」と話す。もともと東京の大手電機メーカーに勤めていたが、体調を崩して秋田に帰郷。「介護施設に入居する認知症の祖母を見舞ったところ、同じ昔話ばかりを繰り返すことに気づきました。

残り79%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる