「草野球の聖地」を目指せ 阿南市「野球のまちづくり」で大成功

阿南市は2007年の野球スタジアム竣工を契機に、「野球のまちおこし」を推進。独自の野球観光商品を企画し、全国から草野球チームを誘致するなど、地域が持つ強みを活かして、市の経済活性化に成功している。

JAアグリあなんスタジアムでの還暦野球大会。阿南市には還暦野球のチームが多く、それら野球文化が事業への礎となった

「野球でまちおこしをする」。そのようなテーマを聞くと、プロ野球のキャンプや公式試合の誘致を考えがちであるが、阿南市が取り組んでいる「野球のまち推進事業」は実にユニーク。経済効果の面でも着実な成果を上げていることから、地域活性化事業の成功例として注目を集めている。

プロ野球ではなく、あえて市民球団を誘致

阿南市野球のまち推進課の初代課長であり、2013年4月から野球のまち推進監を務めている田上重之氏は、野球を通じて阿南市を盛り上げた立役者である。

田上重之 阿南市 野球のまち推進監

「もともと野球が好きで、全日本早起き野球協会の事務局長をするなど40年間野球に関わってきました。JAアグリあなんスタジアムが2007年に完成することが決まったとき、この施設をフルに活用し、野球でまちおこしをできないかと考えたのです」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り80%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。