2015年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

プロジェクトニッポン 佐賀県

「原っぱ」で街なかを再生 佐賀発、驚きの中心市街地活性化手法

西村浩(ワークヴィジョンズ代表取締役)

5
​ ​ ​

佐賀市のある商店街の一角が、最近、にわかに賑わい始めた。きっかけは、コンテナを置いた“原っぱ”だ。コミュニティ形成からエリアの価値を高める、21世紀の新しい都市再生手法に迫った。

佐賀市の市街図を眺めると、驚くほど駐車場が多いことがわかる。駐車場は車を引き寄せるかもしれないが、人は惹きつけない。周囲が駐車場だらけの駅前商店街は、閑散としている。

しかし、一部だけ賑わっている通りがある。子どもたちの笑い声が響き、その子どもたちを見つめる母親たちが立ち話をする“原っぱ”があり、その向かい側には建築事務所を兼ねたコワーキングスペースがある。周辺には、饅頭屋、スポーツバー、ラーメン屋、NPOの事務所、プリントTシャツのショップなどもオープンしている。そこは、呉服元町の一角。ここで、官民連携による「21世紀型の都市計画」の社会実験が行われているのだ。

空き地を公園にせず、芝生の“原っぱ”に。芝生は地域の子どもたちや住人が貼った

空き地の価値を見つめなおす

仕掛け人は、設計事務所ワークヴィジョンズの代表を務める西村浩氏。佐賀出身の西村氏が故郷の街なか再生計画に携わることになったのは、ちょっとした偶然がきっかけだった。

「以前、佐賀新聞の取材を受けた時に、『子ども時代を過ごした佐賀駅前の商店街が寂しくなっている、なんとかしたい』とコメントをしたら、その記事を読んだ一般市民の方から突然、『自分も同じ想い、ぜひ話を聞いてほしい』と電話があったんです。それが縁で、行政の関係者も含めて2ヵ月に1回ぐらいのペースで議論をするようになりました。そうして1年ぐらい経った頃に、佐賀市から活性化事業の依頼を受けました」

西村 浩 ワークヴィジョンズ代表取締役

佐賀市からの話は具体的なものではなく、街中の賑わいを取り戻したいというアバウトなものだった。今振り返ればそれが良かったと振り返る。

「アプローチとして、『何か造って』ではなく『何とかしたい』という依頼が来たことは良い経験でしたね。人口が増加し、都市が拡大した20世紀はモノを作る時代でしたが、人口が減少している現在もいまだにモノで問題を解決しようという慣性力が働いている。でも、いま必要なのは土地が空いていることを認め、空き地の価値を高めること。それが21世紀の新しい地方都市の在り方だと考えました」

空き地に建物を建てることなく、空き地のままで価値を高める。建築家としてこれまでにないミッションに対して西村氏が出した答えが社会実験「わいわい!! コンテナ」プロジェクトだ。町中の空地を借り受け、芝生を張って“原っぱ”を作る。そこに、内部で時間を過ごせるようにリノベーションしたコンテナとオープンデッキを設置。コンテナには、300種類の雑誌と漫画、絵本を置いた。

原っぱにはコンテナを置き、300種類の雑誌と漫画、絵本を置いた

このアイデアは、どのように生まれたのだろうか?

「地方都市は空き地が駐車場になり続けているから、町中が殺伐として、安全も担保できず、人が来なくなるという悪循環に陥っています。そこで私は、空き地を公園にせず、芝生の“原っぱ”にしました。公園にすると行政の管理下に入ってしまい、規制が増えるからです。」

残り65%

5
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる