ハウステンボス テーマパークを超え、新ビジネスの「実験場」に

18年間赤字を続けていた佐世保市のハウステンボスの再建に着手し、たった1年で黒字転換。澤田社長は、ロボットや健康など新ビジネスを生み出す「実験場」として同園を活用し、テーマパークの枠を超えた、アジア有数の「観光ビジネス都市」を目指して拡大を続ける。

世界最大級1100万球超ものイルミ―ネーションが輝くハウステンボス「光の王国」。夜景鑑定師が選ぶ全国イルミネーション第1位を獲得している

―澤田社長は、2010年にハウステンボスの再建に着手しました。引き受けた理由は、何だったのですか。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り95%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。