秋田県・佐竹敬久知事の構想 「資源大国」をグローバルに発信

秋田県は高齢化や人口減といった課題を抱えながらも、エネルギー資源、人的資源が豊富で、その潜在力は高い。グローバル化を見据えた県産業の成長戦略や、少子高齢化に対応する行政の「機能合体」について、佐竹敬久知事に聞いた。

佐竹 敬久 秋田県知事

――秋田県ならではの地域の特色やポテンシャル、そして課題について知事はどのように考えていますか?

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り97%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。