ウルトラマラソンで街を元気に

伝統息づく町並み、乗鞍岳を臨む絶好の景観などの自然を持つ飛騨高山。そうした地域の資源をマラソンコースとして活用し、新たな大会を企画。手づくりで始まった試みはランナーの支持を得て、年々、参加者を増やしている。

江戸時代以来の城下町・商家町の姿が保全されている高山市。古い町並みの景観などを活かし、マラソンのコースを設計

岐阜県高山市は、昭和40年代頃から観光地として脚光を浴びてきた。乗鞍岳をはじめとする北アルプスの眺望や情緒あふれる古い町並みなどの豊富な観光資源は、多くの人々を魅了してやまない。

さらに、10市町村の合併後は、日本で最も広い面積を持つ市となった。その観光資源と面積を活かしたのが、「飛騨高山ウルトラマラソン」である。コースは、100kmと72kmの2種類。見どころを結びながらも、累積標高差が約2700mという日本屈指の高低差を持つタフなコースが特徴だ。

手探りのスタートに市民も協力

全国各地が観光地化する中、高山市にはスポーツという新しいジャンルの観光客を増やしたいという目的があった。そこで、「広大な市内で地域資源を結べば、魅力的なマラソンコースができるだろう」と考えたのが、誕生のきっかけだ。しかし計画当初は、東海地方にはウルトラマラソンがなく、行政・市民にとってゼロからのスタートとなった。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り77%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。