2014年7月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域未来構想 青森県

「経営型行政」で市民力を活かす

葛西憲之(弘前市長)

0
​ ​ ​

「管理型」行政から「経営型」行政への転換を掲げる弘前市の葛西市長。PDCAサイクルを回して市政運営を見える化し、住民を巻き込むことで、地域の創造力を飛躍的に高めた。経営型行政の真髄とは。

葛西 憲之 弘前市長

津軽人のパワーを活かす市民参加の行政運営

──「経営型」行政とはどのような仕組みですか。

私は市長就任半年後、「これからの弘前をどうしたいのか」というビジョンを『弘前市アクションプラン』として策定し、市民に公表しました。

そのプランを市民と協働で進めるために導入したのが「PDCAサイクル」によるマネジメントシステムです。市民と対話を重ねながら、プランを着実に実行し、自己評価や第三者評価によってしっかりと検証する。その結果を踏まえて改善を行い、再び計画に反映する。こうすればプランは常に進化、成長していきます。そして、そのプロセスと成果が市民に見えるように市政を展開し、市民の意見やアイデアを広く受け入れ、具体化してきました。

PDCAの循環効果で、誰もが地域のことを考え、提案や提言をしやすい土壌ができた。これこそ「(地域)経営型」行政の真骨頂であり、この4年間で、弘前市の「地域力」や「市民力」は確実に高まったと実感しています。

残り81%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる