数字で見る観光産業

21世紀最大の成長産業と言われる観光。特に新興国の経済成長に伴う、外国人観光客市場は急成長しており、日本でも2013年に訪日客数が初めて1000万人を突破。政府は将来の訪日2,000万人、さらには3,000万人を目指して強力に政策を推進している。民間企業からもITテクノロジーを活用した新サービスや、異業種の観光事業参入が相次ぐ。人口減を迎える地方にとっても、観光による交流人口拡大は避けられないテーマだ。日本の産業を変え、地域を変え、社会を変える――。観光の可能性を探る。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り44%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。