「くまモン営業部長」の数値

"ご当時ゆるキャラ"の域を超え、全国で人気を博している熊本のPRキャラクター・くまモン。絶大なるPR効果のほどは誰もが知るところだが、その実態について斬り込んだ。

ゆるキャラから売るキャラへくまモン営業部長の底力

くまモンは歴とした公務員。熊本県庁きっての稼ぎ頭であるため、臨時職員2年目にして営業部長へ昇格した。

くまモン営業部長にかかると、利用許諾商品の売り上げだけでも昨年一年だけで293億円。ロイヤリティフリーが功を奏しているとはいえ、これだけの数字を残せるくまモンの実力はいかなるものなのか、ここでは具体例をあげて分析してみたい。

293億円という数字は、くまモンの利用許諾をした会社への調査によってはじき出された数字だ。昨年、許諾依頼があった2,112社にアンケートを行ったところ、有効回答があった1,172社のみの数字であり、残り940社の売り上げや数字に現れないPR効果などを広告料に換算すると、293億円をはるかに上回る大きな数字になる。

数字の内訳を見てみると、グッズが2,669、衣類410、食品24,642、書籍207、その他1,435(単位はすべて百万円)。ダントツで食品が多いのが気になるが、熊本県商工観光労働部観光経済交流局 くまもとブランド推進課 課長の成尾雅貴さんによれば、「熊本は全国でも有数の農業県ですからね。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り68%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。