2015年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

プロジェクトニッポン 長野県

「よなよなエール」を生み出したクラフトビールメーカーの哲学

井手 直行(ヤッホーブルーイング 代表取締役社長)

0
​ ​ ​

クラフトビール界のトップランナーであり、個性的なビールを次々ヒットさせるヤッホーブルーイング(長野県佐久市)。他の追随を許さない彼らの、オンリーワンづくしな素顔を見せてもらった。

ヤッホーブルーイングの主力商品

味わい深いクラフトビールを日本中に広めたい

長野県佐久市の醸造所。社員が案内する「大人の醸造所見学ツアー」も開催

ヤッホーブルーイングは1996年創業のクラフトビール・メーカーで、売り上げも注目度もナンバーワンだ。10年連続で増収増益を達成し、8年連続で楽天市場のショップ・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

看板製品は「よなよなエール」だ。1997年の発売以来変わらぬ人気で、コンビニや大手スーパーにも並び、売り上げの半分を占める。同社のウェブサイトの製品説明には、「つややかな琥珀色、最高級アロマホップが織りなす柑橘類を思わせる華やかでふくよかな香り、ほんのり甘さを感じるコクとやわらかな苦味」とある。この味わいは、前社長で星野リゾート代表の星野佳路氏がアメリカで飲んだ“エールビール”をモデルに造られたものだという。

公式ビアレストラン「よなよなBEER KITCHEN」

当時、日本の国産ビールは大手メーカーのラガービール(※製品名ではなくビールの種類)しかなく、エールビールの味わいに感動した星野氏はいつの日か日本でも造れたらと思ったそうだ。1994年の酒税法改正を機に地ビールが続々と誕生する中、1996年に星野氏はヤッホーブルーイングを創業する。現社長の井手直行氏を含め、7名でのスタートだった。

当初から「おいしいビールを日本中のお客さんに広めたい」と、価格は大手メーカーのビールより少し高い程度に抑え、缶で流通させた。地ビールブームに乗って、1999年までは順調に売り上げが伸びたが、そこをピークに売り上げの対前年比が毎年80%という状況が続いた。

地ビールメーカーの中には品質の安定しないところもあった。ブームの終焉とともに「地ビールはおいしくない」「やっぱりこういうビールは日本では売れない」というイメージが強く残ってしまったという。

ファンイベント「宴」の様子

残り71%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

週間ランキング

本で人をつなぐ「小さな図書館」 まちの変化は「一人」から始まる

世界初、移動販売のサラダカー 新しいサラダ文化を日本に

地方創生スタートから2年 成否を分けるカギはどこに?

「温泉×カフェ」の新業態がヒット 温浴施設を再生する仕掛け人

食ビジネス育成に必要な「女性の視点」

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員に申し込むと 最新「事業構想」がいつでも読み放題

会員の特典をもっとみる