eラーニング講座で 移住・定住推進の実践的知識を学ぶ

内閣府補助事業の「地方創生カレッジ」は、無料のeラーニングを提供している。研修での利用や個人のライフスタイルに合わせた受講が可能で、3万人以上が受講した。コロナ禍で注目される移住や二拠点居住の誘致へ、まとまったカリキュラムも用意されている。

地方創生に関する5か年の政策目標や施策の基本的な方向を定めた政府の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」は、2019年から2期目に入っている。

澤飯 敦 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局 内閣参事官

地方創生を担い、地方で風を
起こせる人材を育成

「2期目に入り、地方創生は実践を深める段階になっています。その実践では、地方創生を実際に担える人材、地方で風を起こせる人材の活躍が不可欠で、人材育成が鍵になります。内閣府補助事業の『地方創生カレッジ』は、これに取り組むものです」。

内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局内閣参事官の澤飯敦氏は、こう語る。2016年に開講し、地方創生に真に必要、かつ実践的なカリキュラムを無料のeラーニング形式などで提供している「地方創生カレッジ」の受講者は、3万人以上になっている。ここで学ぶ人は金融機関や民間企業のほか、地方公務員、教員、学生、コンサルタント等と幅広い。「このサイトには多様なバックグラウンドを持ち、地方創生に対する意識が高い方々が集っていますので、そのネットワーク拡充を目的とした『連携・交流ひろば』というサイトも併設しています」。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り78%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。