印刷を核に新規事業へ展開 技術力と先を見る力で未来を拓く

総合印刷会社として今年で125年の歴史を持つ共同印刷。本や雑誌などの出版物、商業印刷物をはじめ、交通系ICカード、医療品や食品包装まで、その事業領域は幅広い。時代の変化に応じ、独自の製品・サービスを次々と展開してきた力の源とは。

藤森 康彰(共同印刷株式会社 代表取締役社長)

社会のあらゆる側面で不可欠なのが印刷技術だ。共同印刷は、1897年、出版社である博文館の印刷工場が独立して創業した。現在は、情報コミュニケーション部門、情報セキュリティ部門、生活・産業資材部門の3部門構成で、大きく情報系事業、生活・産業資材系事業の2つの分野で事業を展開する。

印刷からデータ活用事業に展開

出版物の印刷からスタートし、プロモーションやイベント企画などを含む商業印刷、伝票やコンピュータの出力用紙、証券類の印刷から、対象は布や金属、プラスチックフィルムまで拡大。現在は、クレジットカードや交通系ICカードも手掛ける。パッケージ系では紙箱、フィルム袋に加え、1979年にラミネートチューブ製造ラインを小田原工場に導入し、製造を開始。化粧品や医療品、歯磨き・食品向けなど幅広い用途に対応したチューブ容器を製造し、高いシェアを得ている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り84%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。