共創で進化する街・柏の葉 実証フィールドで未来を見せる

今年もアジア各国からテック系スタートアップが集まり、新しい技術展開をプレゼンテーションした。連載最終回では、AEAの舞台であり、スタートアップの実証実験の場にもなっている柏の葉スマートシティを紹介する。

 

UDCKなどが連携してデザインした親水空間、柏の葉アクアテラス。本来フェンスで囲まれるはずだった調整池を、官民で分担して管理・開放している

街の中を歩くと、走行テスト中のロボットや自動運転バスを見かけることがある。週末には地元の農家やキッチンカーが集まるマルシェが開催されたりと、一見相容れないようなイノベーションと地元での暮らしのどちらも感じられるのが柏の葉スマートシティ(千葉県柏市・つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」周辺)だ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り90%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。