時事テーマから斬る自治体経営 「DX」の注意点、その2

コロナ禍を経て「DX」という言葉は定着したが、一方でDXを正しい考え方で導入し、成果を出している自治体は多くはない。「DXで仕事を削減できる」と考える人も多いが、間違った方法では逆に仕事量を増やし、職員を疲弊させる要因ともなる。今だから言えるDXの注意点とは何だろうか。

本連載において、2年以上前にDXの注意点に言及している(第3回「DX」の注意点」)。今日、国がDXの方向性を示しており、多くの自治体がDXに取り組みつつある。むしろ、取り組まなくてはいけない雰囲気がある。前回、DXに関して指摘した点は、当時は海の物とも山の物ともつかない状態であるため、一斉に取り組むのではなく、様子見をすることも一案と述べた。

当時の記事から2年以上が経過し、別の観点からDXの注意点が見えてきた。今回は「その2」として、改めてDXの注意点を指摘する。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り88%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。