ユー・エス・エス 中古車流通市場、オートオークションにDXを

1980年、国内初の中古車オークション企業として設立したユー・エス・エス(以下USS)は、独自のコンピュータポスシステムをはじめ、中古車流通市場に次々と革新を生み出してきたオートオークションの革命児だ。その歴史と今後の展望を瀬田大社長に聞いた。

瀬田 大(ユー・エス・エス 代表取締役社長兼最高執行責任者〔COO〕)

独自のポスシステムを開発

1982年に愛知県東海市に常設オークション会場を開設し、オートオークション事業を開始したUSS。当時、手ゼリが主流だった業界に先駆け、コンピュータ制御による独自の「ポスシステム」を導入し、公正かつ透明性の高いオークションの運営を実現した。

USS社長の瀬田大氏は創業者より聞いた話として「手ゼリは忖度の多い世界で不公平なマーケットになりがちだが、その点、コンピューターシステムを使えば、手ゼリで起こる声の大小や、『手を出すな』といった横やりもなく、一番高く価格を提示した人に買う権利が与えられる公正公平なオークションを行うことができる。これが特に若い業者に好評で、それまで手ゼリのオークションに頼っていた人たちの注目を一気に集めた」と話す。

開業から今年で39年。オークション会場は全国19カ所に広がり、技術革新もどんどん進んでいる。現在、東京会場では同時12レーン、名古屋会場では、同時10レーンのセリシステムを導入。1日に1万台以上の車をセリにかけることが可能で、1台当たりの平均セリ時間はわずか20秒と、スピード感のあるオークションを展開している。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り76%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。