レギュラトリーサイエンスの深化で 安心して受けられる治療へ

日本が再生医療で世界をリードしていくための構想を考える「再生医療で描く日本の未来研究会」。第3回会合が2023年10月5日に開催された。再生医療の実用化に向けた様々なハードルと、最新の知見に基づくその解決策を議論した。

生きた細胞を用いる再生医療では、製剤の製造、品質管理、品質保証などの各プロセスで人手がかかり、コスト高につながっている(写真はイメージ)

加工プロセスでのリスク管理で
安全性を担保する

今回の研究会で発表したのは、藤田医科大学橋渡し研究支援人材統合教育・育成センター教授の八代嘉美氏、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)理事長の藤原康弘氏、再生医療イノベーションフォーラム(FIRM)会長の志鷹義嗣氏の3氏。

八代氏は、「再生・細胞医療の社会実装を加速するために考えておくべき課題について」のテーマで発表した。再生医療・細胞治療のパイプラインのトレンドとしては、免疫細胞を利用したがん治療、RPR(多血小板血漿)、MSC(間葉系幹細胞)など、移植細胞が組織を再建するものよりも、治癒の補助を期待する治療が多い現状に触れた。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り83%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。