大手企業とスタートアップをつなぎ 社会に変革を起こす

大阪・関西万博の「参加型万博」を体現する取組、「TEAM EXPO2025」で共創パートナーとなったPlug and Play Japanは、世界トップレベルのアクセラレーター、ベンチャーキャピタルの日本法人。同社ならではのイノベーションプラットフォームの特長と大阪・関西万博にかける思いを聞いた。

Plug and Play JapanのDirector, Osaka安藤 慎吾氏(中央)
Partner Success Manager山本 洋大氏(左)、
Communications Manager市川 はるか氏(右)

拠点ごとにテーマを設け、
大手企業のイノベーションを支援

小宮 会社の成り立ちと現在の事業についてご紹介ください。

安藤 イラン人の創業者、Saeed Amidiがシリコンバレーのビルでペルシャ絨毯を売っているところに、富裕層のお客様がたくさんやってきました。そこへスタートアップの創業者が支援してほしいと集まるようになり、両者をつなげるところからビジネスがスタートしました。2006年の話です。

現在は、アクセラレータープログラムと大手企業のイノベーション支援、VCを手がけています。大手企業のイノベーション支援は、大手企業からフィーをいただき事業面で抱えている課題をスタートアップと組むことで解決しイノベーションを起こしていくというビジネスです。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り78%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。