パンフォーユー 冷凍×DXで、新たなパン経済圏を構築

群馬県桐生市で2017年に創業以来、急速に存在感を高めているスタートアップが、独自の事業モデルで冷凍パン市場を広げているパンフォーユーだ。冷凍技術とITの融合により、パン流通の新たなプラットフォームと経済圏の創出に成功した同社の矢野代表に、起業の経緯と事業構想を聞いた。

矢野 健太(株式会社パンフォーユー 代表取締役)

パンを作る・売る・買う
三方よしのプラットフォーム

パン業界で、今急速に存在感を高めている群馬県桐生市のスタートアップ、パンフォーユー。独自技術とITを駆使し、パンを作る・売る・買うの三方よしの新たなプラットフォームを提供して注目されている。同社の主力事業は、個人向け冷凍パンのサブスクリプションサービス「パンスク」。毎月3990円で全国30軒の提携ベーカリーから月替わりで冷凍パン8個前後が届くサービスで、会員登録者数は約8000人にのぼる。

「パンスク」開封時。独自開発のパンを個包装するビニール袋に入っている

見事にパン好きの心を捉えた同社の代表を務めるのは、群馬県太田市出身の矢野健太氏。サラリーマンを経て、2017年に起業した。なぜ、パン業界を選んだのだろうか?

「大学卒業後、広告代理店に入社したのですが、徐々に『起業して自分の力を試したい』と思うようになり、教育系スタートアップなどを経て、桐生市で子育て世代の暮らしと仕事を支援しているNPO法人キッズバレイに転職しました。そこで寄付の法人窓口を担当した際、地元の冷凍パンメーカーと出会ったのが起業のきっかけです」と矢野氏は語る。そのメーカーのパンを食べた時に、想像以上のおいしさに驚くと同時に、冷凍パンを軸にした事業ができるのではと閃いたという。着目したのは、群馬県の店のパンと、都心で人気店と言われるパンとの価格・クオリティのギャップだ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り74%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。