新興ブランドのテントが躍進 硬直化するアウトドア市場に一石

2019年に発売した第一弾テントは、初回ロットがまたたく間に完売。一部の企業だけで成り立ってきたアウトドア用品市場に突如現れた新興企業、ゼインアーツが注目を集めている。大手アウトドアメーカーを経て起業した小杉敬社長は、「マーケットを健全化したい」と意気込む。

小杉 敬(ゼインアーツ 代表取締役社長)

松本市に誕生した
アウトドアの新興ブランド

北アルプスの玄関口である長野県松本市に2018年8月、業界の常識を覆すアウトドアブランド「ZANE ARTS(ゼインアーツ)」が誕生した。創業者の小杉敬社長は、30年近くにわたって大手アウトドアメーカーで製品開発に携わってきたキャリアを持つ。

ゼインアーツの第1弾となる製品が発売されたのは2019年4月。そのうちの1つ「ゼクーM」は、メインのポールは1本のみで簡単に設営できるシンプルな設計ながら、広々とした居住空間が魅力のシェルター型テントだ。その他も含め4種のテントはいずれも機能的かつ洗練された美しいデザインが魅力だ。

2~4人用コンパクト2ルームテント「ロガ4」(左)と、専用インナーテントを付けたミドルサイズシェルター「ゼクーM」(右)。ゼインアーツのテントは、手ごろな価格と高い機能性、美しいデザインを誇る

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り80%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。