2020年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

清潔・安全の新ビジネス

数字で見る清潔・安全ビジネス 医療・衛生用品は5000億円市場

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

人々の健康を守り、病気を防ぐ商品やサービスが、コロナ危機前に比べ注目されるようになった。人間が持続的に安全に暮らせるよう、災害の激甚化を予防したり、気候変動を抑制する新しいビジネスモデルの登場が待たれる。

医療・衛生用品市場は5000億円規模に成長

矢野経済研究所による医療・衛生用品の国内市場規模。医療用縫合糸から医療用マスク、大人用紙おむつまで、様々な物品を含んでいる。価格下落の傾向が強い市場だったが、コロナ危機を受け、市場規模は5000億円台を突破する見通しだ。

医療・衛生用品市場規模推移

※メーカー出荷金額ベース
※主に医療機関や介護福祉施設で使用される、16分野30品目の医療・衛生用品を対象とした。

出典:矢野経済研究所「医療・衛生用品市場に関する調査(2019年)」2020年2月3日発表

 

温暖化する地球

世界の年平均気温は、様々な変動を繰り返しながら上昇している。2019年の世界の平均気温の基準値からの偏差は、1891年の統計開始以降、2 番目に高い値となった。1990年代半ば以降、高温となる年が多くなっている。豪雨など、災害も激甚化する中、社会の安全をどう確保するかが課題だ。

世界の年平均気温偏差

出典:気象庁

 

残り46%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中