2020年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

食と料理のイノベーション

農水省の食品産業戦略 企業間の連携でロボット・AIを活用

平田 将大(農林水産省 食料産業局 食品製造課 食品企業行動室)

0
​ ​ ​

食品製造業は、農林水産物の付加価値を高め、地域の経済と人々の食卓を支える重要な産業。小規模事業者が多い中、将来を見据えた機械化・デジタル化の取組は不可欠だ。企業間で協力し、低コストで導入可能な新製造システムの開発を支援する、農水省の施策が始まっている。

平田 将大(農林水産省 食料産業局食品製造課 食品企業行動室)

農産物などの原材料を加工し、食品や飲料を作る食品製造業は、多くの人を雇用し付加価値を作り出す、日本の重要産業だ。製造業に占める比率を見ると、2016年の時点で事業所数は14.3%、従業員数で15.9%を占める。食品製造企業は全国津々浦々に立地し、地元の一次産業と密接な関係にある。地域の雇用と経済を支える産業といえる。一方で、食品製造業を担うのは中小企業が多く、小規模な工場が大半を占めているという特徴もある。

食品製造企業の規模

出典:経済産業省2014年工業統計

 

残り84%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる