2018年12月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域特集 愛知県

ローカル局がCVC ベンチャーとの共創でテレビ局は強くなる

秦 直道(名古屋テレビ・ベンチャーズ 代表、名古屋テレビ放送 取締役)

0
​ ​ ​

名古屋テレビ放送が2017年4月、コーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)を設立。ローカル局がベンチャーに投資する狙いは何か。名古屋テレビ・ベンチャーズの秦代表は、「スピード」や「前例無視」の文化を根付かせるべく、ベンチャーとの共創を進める。

秦 直道(名古屋テレビ・ベンチャーズ 代表、名古屋テレビ放送 取締役)

名古屋テレビ・ベンチャーズは、名古屋テレビ放送が2017年4月に設立したCVCだ。ローカル局がCVCを設立した背景について、代表の秦直道氏は、放送業界の変化を挙げる。

「デジタルシフトと言われるように、近年、環境が様変わりしています。メ~テレ(名古屋テレビ放送)もインターネット関連の事業を強化する必要がありますが、現状ではまだ知見やノウハウが乏しい。そこでまず、CVCを設立し、ベンチャーとの接点をつくることにしたのです」

自社で投資を手掛けることで、ベンチャーから学び、人材育成につなげることも期待できる。

「変化への近道は、積極的に新しいことをしている人から刺激を受けること。もちろん、投資によるリターンも重要ですが、私たちが目指しているのは、その先にあるオープンイノベーションです。自分たちだけでは不可能なことを、他の力を借りてでも実現する。それができる人材や社風といったものを、メ~テレに根付かせることが目標です」

ベンチャーとの接点を持つことで、人同士の交流もできる。場合によっては、投資先のベンチャーに社員が出向するなどして、経験を積むことも考えられる。

「メ~テレの事業開発メンバーには、社風を変えるなら、君たちに求められるのは『スピード』と『前例無視』だと伝えています。だから突っ走れと。新しいチャレンジには困難が付き物ですが、逆境が続いたとしても、くじけずに進むことができる仕掛けが必要です。それがなければ、どれだけ良いアイデアも新規事業も育っていきません。メ~テレは今、変革の途上にあります」

名古屋テレビ・ベンチャーズの投資実績(2018年9月時点)

出典:編集部作成

 

どのようなシナジーがあるのか

それでは、ベンチャー側にとって、放送局と連携することのメリットは何か。

「期待できるシナジーの1つは、信頼性の高いコンテンツ制作です。ベンチャーにとって、テレビ番組等で培ったメ~テレの高品質なコンテンツ制作力は価値があります」

また、営業やプロモーションのシナジーも考えられる。

残り56%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる