インパクトは年間12兆ドル 経営者の意識高まるSDGs

SDGsは、「持続可能な社会」を実現するための枠組みであり、2030年に向けた17の目標、169のターゲットから構成されている。これをビジネス機会として捉えられるか。それは企業の意識に委ねられている。

図1 現時点で取り組んでいる内容(複数回答可)

出展:環境ビジネス2018年夏号

電通が2018年4月に発表した「SDGsに関する生活者調査」によると、一般的な消費者のSDGsに対する認知度は14.8%という結果だった。認知度はまだ低いと言われていたが、国際的な取組みについて、2年間でこの認知率になるということは、むしろ高い数値と言えるのではないだろうか。

また、日本ビジネス出版が2018年5月に企業の経営者・経営層を中心に行ったアンケートによると、SDGsの認知そのものは66.8%と、3人中2人は知っているという結果になった。このことから、一般的な消費者のSDGsに対する認知と、ビジネスパーソンにおける認知には大きな差があることがうかがえる。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り56%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。