2018年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

AIの進化 本当のインパクト

VR空間でAIアバターと英会話 次世代の教育で世界展開

ジョン・スー(PlusOne CEO)、栗原 聡(プラスワン・ジャパン代表、事業構想修士)

1
​ ​ ​

アメリカのスタートアップ、PlusOneが開発した英会話学習ツール「Smart Tutor(スマートチューター)」。VR空間でAIアバターと会話を重ねることで、弱点の可視化と克服を実現するこれまでにないツールだ。

ジョン・スー PlusOne CEO(左) 栗原聡 プラスワン・ジャパン代表、事業構想修士(右)

英語学習の市場が伸びている。矢野経済研究所の試算では、2016年が前年度比2.7%増の8,498億円、2017年はさらに伸びて前年度比2.2%増の8,682億円に達している。

英会話スクールの形態は対面、オンライン、あるいは個別、複数授業とさまざまだが、いずれにせよ講師が生徒に教えるという形が一般的だった。しかし昨年、これまでにない英語学習ツールが誕生した。VRとAIを活用したトレーニングソフトウェア「Smart Tutor」だ。

「Smart Tutor」のVR空間。AIアバターや遠隔地の教師などと英会話を練習できる

7項目の評価指標から弱点や改善点を指摘。将来は24項目まで評価指標を増やす

開発したのは、米国サンフランシスコのスタートアップ、PlusOne(プラスワン)。創業者のジョン・スー氏は、ウォルト・ディズニーのクリエイティブ監修・プロダクト開発部門に勤務し、人気アプリ「ディズニー ツムツム」のディレクターも務めた人物だ。

7カ国での就業経験を持ち、英語・中国語・日本語を話すジョン氏は、16年に初めてVRヘッドセットを体験した際に、「教育業界を変えるデバイス」と確信し、起業した。4

「これまでいろいろな国に住んできましたが、そのたびにコミュニケーションに苦労しました。VRを体験して、テクノロジーで克服できるのではと思いました」

スクールと受講生の課題を解決

スマートチューターは、ヘッドセットを装着し、VR空間でオリジナルのアバター「Holosapiens(ホロセピアン)」と英会話をするプログラム。アバターに搭載されているAIが、発音、流暢さなど基礎的な語学レベルに加えて、発話ペース、アバターとのアイコンタクト、手振りなどのジェスチャーといったコミュニケーションレベルもスコア化。7項目の評価指標から弱点や改善点を指摘する。

ひと通りスピーチした後、発音が悪かった単語が黄色く表示され、サンプルボイスを聞きながら発音の練習ができるなど、自分の弱点が具体的に可視化されるのが特徴だ。

残り57%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

最新情報をチェック。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる