数字で見るAI市場 政府予算は米中の2割以下、日本の勝機は?

世界中で成長するAI関連市場。日本はアメリカや中国と比較し、予算規模や論文数、人材数などで大きく遅れを取っている。日本の課題と可能性を、さまざまなデータから分析する。

金融業・製造業を中心にAI導入が進む

日本のBtoB向けのAIビジネス市場(AI分析サービス、AI構築コンサル、SI、クラウドサービス等)は2030年に2兆円を突破すると見られる。金 融業では顧客管理や審査等でAI導入が急速に進む見込み。組立製造では機器稼働の最適化や故障予知に、公共では防災対策にAI導入が進む。

国内のBtoB向けAIビジネス市場

出典:富士キメラ総研

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り74%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。