美濃和紙でウェディングドレス 1300年の伝統を次代へ

1300年もの歴史がある美濃和紙を、現在の生活に受け入れられるものへとアップデート。美濃和紙で靴下やタオル、さらにはウェディングドレスまでを開発し、伝統的な素材の新たな魅力を引き出す。それは、次代を見据えた挑戦でもある。

市原 慶子(TJPコーポレーション 代表取締役)

丈夫で質の良い美濃和紙は書簡紙などに広く利用され、美濃地方の経済を支えてきた。しかし、洋紙の普及や新しい素材により、現在は第一線を退き、伝統工芸品や土産品で使われるのが主流になっている。

岐阜県美濃市には、今も老舗の美濃和紙店が並ぶが、その一角に『みの紙舞』はある。店内にはドレスや洋服、靴下などが並び、一見すると洋品店のように思えるが、実はそれらの素材はすべて美濃和紙だ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り86%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。