2018年2月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域×デザイン2018

5年で参拝客5倍の神社 理由は境内のマタニティーカフェ

高井 俊一郎(山名八幡宮27代目神職)

1
​ ​ ​

群馬県高崎市にある山名八幡宮の境内にはカフェとパン屋があり、施設内では英会話教室や放課後デイサービスが開かれている。取り組みを始めて参拝者は5倍に。異色の神社が目指すのは「地域のより所」だ。

高井 俊一郎(山名八幡宮27代目神職)

公共施設としての神社

神社、という場所にどういうイメージを持っているだろうか。安産や受験合格などの祈願、七五三やお宮参り、初詣といった特別な目的、特別なお祝い事のために行く場所という印象を持っている方も多いだろう。

しかし過去、特に第二次世界大戦より前の時代には集会所や子どもたちの学び舎としても使われ、地域の公共の場としての機能を持っていた。当時のこうした機能を取り戻そうと様々なユニークな取り組みを行っているのが、群馬県高崎市にある山名八幡宮だ。

山名八幡宮は840年以上の歴史を持ち、子育て・安産の神社として有名

平安時代後期に創建され、2025年には850周年を迎える山名八幡宮。室町時代、後醍醐天皇の孫が山名城に滞在していた際に、城主の娘との間にできた子の安産を祈願したことから、古くより安産と子育ての神社として知られるが、一般的な神社とは雰囲気が異なる。境内には現代的なデザインのカフェやパン屋があり、平日の15時過ぎには、子どもたちのにぎやかな声と英語が響き渡るのだ。

残り77%

1
​ ​ ​

バックナンバー


メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

最新情報をチェック。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる