コトラーが予言する 社会の激しい変化に適応するマーケティング

フィリップ・コトラー教授が、2017年12月に来日し、イベントで講演した。マーケティングの世界的権威であり、多くの経営学者やマーケターを育ててきた教授。数カ月で大きな変化が起きるネット社会に適応したマーケティングについて語った。

フィリップ・コトラー(ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院SCジョンソン国際マーケティングディスティングイッシュトプロフェッサー)

2017年12月、ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院のフィリップ・コトラー教授が来日し、World Marketing Summit Tokyo 2017で講演した。このイベントは2010年に同教授により開始されたもので、2017年は世界10数カ国で開催されている。

ネスレ日本 高岡浩三代表取締役社長兼CEOと議論するコトラー教授。右は両者が協力して執筆し、2017年に出版した書籍

変化する社会に合わせる

同サミットの今回のテーマは、「マーケティングによる変容」だ。マーケティングは、ビッグデータの蓄積や人工知能(AI)の発達などにより力を増し、世界に与える影響は以前よりも増している。コトラー教授は基調講演で、新旧のマーケティングを比較し、「これからどうあるべきか」を、会場に集まった企業のマーケティング担当者に考えさせた。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り80%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。