職場の「おかん」が企業を変える 「ぷち社食」サービスが成長

オフィスに健康的な惣菜が常備され、食べたい時に食べたい量の食事がとれる。『オフィスおかん』は、どんな企業でも「社員食堂」を持つことができるサービスだ。それは、健康経営や女性活躍など、さまざまな側面で企業に変化をもたらす。

『オフィスおかん』は、オフィスに冷蔵庫を設置し、惣菜などの食事を常備する簡単社食サービス

沢木 恵太(おかん 代表取締役CEO)

さばの照り焼き、具だくさんの玉子焼き、南瓜のそぼろ煮......。オフィスにいながら、栄養満点、手の込んだ総菜を1品100円からで食べられる。「おかん」というユニークな社名のベンチャーが提供するサービス『オフィスおかん』が好評だ。

利用方法は、社内に設置された専用冷蔵庫から好きな総菜を選び、集金箱に料金を入れ、商品を容器に移してレンジで温めるだけ。昼食時や小腹が空いたときなど、いつでも簡単に健康的な食事をオフィスでとることができる。多忙で食事の時間がとれないときでも、便利なサービスだ。

導入企業は、ANAエアポートサービスやガイアックス、ラクスルなど、一部上場の大手から数十人規模のベンチャー・中小まで、関東圏を中心に約800拠点。2014年3月のスタートから、毎年2~3倍のペースで導入企業数を伸ばしている。

おかんのCEO、沢木恵太氏は「一度導入していただくと、継続して利用していただけます。サブスクリプション(定期購買、予約購読)型のビジネスであり、売上げも積みあがっていきます」と語る。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り78%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。