台湾が「IoTスタートアップの聖地」になれたワケ

アジアの成長国と近接し、電子機器やアパレルの受託生産拠点が集積する台湾は、世界からハードウェア・IoTスタートアップが集まっている。同国のベンチャー支援組織『Garage+』は、世界からスタートアップを招き、国内製造業や投資家とのマッチングを行っている。

台北の市街地。周辺にはさまざまな産業の受託生産会社が立地する

受託生産会社が集積する台湾

台湾は『グローバル起業家精神・開発指数(GEDI)』でアジアトップランク。活気に満ちた首都の台北は、中国や東南アジアの都市から飛行機で1~2時間の距離にあり、100年以上、各地とビジネスを行ってきた。また、台北から自動車で30~90分には、グローバルなサプライチェーンを持つさまざまな産業の受託生産会社が立地している。台湾は世界で2番目に安全な国であり、さらには厳格な知的財産権保護制度や優秀なエンジニア、安定かつ透明性の高い政府が存在する。これらは特に事業継続を考えるうえで印象的だ。

このような恵まれた起業環境が注目され、台湾には現在、全世界からスタートアップが集まっている。

Garage+が実施する『スタートアップ・グローバル・プログラム』の模様

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り83%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。