2017年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

健康ビジネスに商機あり

IoTで「頑張らない介護」を実現 頑張る介護は2年が限界

小川 誠(Z-Works 代表取締役共同経営者)

1
​ ​ ​

大手企業とも連携し、IoTビジネスの創出を支援するZ-Worksが、介護の変革に力を注いでいる。センサーが要介護者のベッドを見守り、異常を検知したら、自動で通知が行われる。IoTは、介護を変える可能性を秘める。

Z-Workは、ベッド見守りセンサー・人感センサーなどを使って、要介護者の在・不在を検知するシステムを実現。重篤化の予防のほか、徘徊の防止、生活リズムの確認などができる

「介護を頑張ろうとしても、2年が限界。介護者の離職、人手不足が慢性化している中で、介護の負担を軽減し、『頑張らない介護』を実現することは喫緊の課題です」

そう話すのは、Z-Works(ジーワークス)代表の小川誠氏。自身も、寝たきりの祖母を介護した経験を持つ。小川代表は、IoT(モノのインターネット)を用いた見守りシステムによって、介護の現場を変えていこうとしている。

小川 誠(Z-Works 代表取締役共同経営者)

IoTビジネスを手軽にスタート

小川代表は米国シリコンバレーの半導体メーカーに20年ほど勤めた後、2015年にZ-Worksを立ち上げた。もともとIoT向けの半導体を扱っており、そのビジネスに精通していたが、起業した背景には日本市場への問題意識もあった。

残り80%

1
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる