2017年3月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域でできる健康産業

高齢者テクノロジー市場は2030年に18兆円へ 有望分野はどこに

月刊事業構想 編集部

2
​ ​ ​

医療機器や高齢者向けテクノロジーは、日本のものづくり中小企業やベンチャーにとって魅力的な市場。ニーズを的確に把握し、商品開発に繋げることが求められている。政府による医療機器開発の支援や、有望なテクノロジー分野をまとめた。

日本の医療機器市場は2013年に約2.7兆円で、今後も安定した市場成長が見込まれる。特に、これまで輸入品のシェアが高かった治療系医療機器(カテーテル、ペースメーカー等)は、成長率と市場規模どちらも大きい。

政府は2014年6月に医療機器促進法を施行、今年5月には医療機器政策に特化した初めての基本計画を発表するなど、同分野の研究開発支援体制を強化している。

残り82%

2
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる