高齢者テクノロジー市場は2030年に18兆円へ 有望分野はどこに

医療機器や高齢者向けテクノロジーは、日本のものづくり中小企業やベンチャーにとって魅力的な市場。ニーズを的確に把握し、商品開発に繋げることが求められている。政府による医療機器開発の支援や、有望なテクノロジー分野をまとめた。

日本の医療機器市場は2013年に約2.7兆円で、今後も安定した市場成長が見込まれる。特に、これまで輸入品のシェアが高かった治療系医療機器(カテーテル、ペースメーカー等)は、成長率と市場規模どちらも大きい。

政府は2014年6月に医療機器促進法を施行、今年5月には医療機器政策に特化した初めての基本計画を発表するなど、同分野の研究開発支援体制を強化している。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。