データ活用の「多様化」が進む マルチラリティの到来

リクルートホールディングスは、2015年11月、米・シリコンバレーにAIのグローバル研究拠点を立ち上げた。膨大なデータを持つリクルートでは、「データの民主化」を目指し、従業員が社内データを素早く抽出するシステムを構築。またロボットにデータを入れ、数時間で予測が完了する「データロボット」を導入し、誰もがデータ分析をすることができる。データサイエンティスト以外の人もデータにアクセスし、分析できる環境を整えることで、多様なデータの活用方法が見出される。その結果もたらされる「マルチラリティ」とは何か。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り95%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。