飲み忘れを防ぐ「しゃべる薬箱」 高齢者向け玩具メーカーの挑戦

薬を飲む時間を知らせてくれたり、健康に関するいろいろな話をしてくれる薬箱。このユニークなコミュニケーション玩具は、どのように生み出されたのか。開発したデジレクトは、独自のノウハウを蓄え、高齢者向けの市場でヒットを仕掛ける。

健康に関するさまざまな話をしてくれる、コミュニケーション玩具『けんこうパートナー スマイルメディくん』。1日分の薬を、本体背面のトレイに収納することができる

薬箱が、薬を飲む時間を教えてくれる――。2016年12月に発売された『けんこうパートナー スマイルメディくん』は、単なる薬箱ではなく、コミュニケーション玩具であり、薬の飲み忘れを防ぐほか、目や口などの表情がついており、健康についての豆知識などを音声で教えてくれる。発売前のクラウドファンディングでは、早々に目標額を達成。注目度の高さをうかがわせた。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り86%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。