エネルギー、衣食住も無料化!? シンギュラリティの真相とは

機械の知能が人間の知能を超え、自己進化していく状態に至る時点「シンギュラリティ」。そこに至る過程で、エネルギー問題から解放され、衣食住やお金の悩みも消えるという。シンギュラリティは2030年に起こるとも予測され、その時は間近に迫っている。

図 「収穫加速の法則」と「シンギュラリティ」

出典:齊藤元章氏資料より作成

 

シンギュラリティは、アメリカの発明家で未来学者であるレイ・カーツワイルによって提唱された。「技術的特異点」と訳されることもあるが、ロボットや機械の知能が人間の知能を超え、自己進化していく状態に至る時点を指す。

PEZY Computing 代表取締役社長の齊藤元章氏は「次世代の人工知能(AI)と次世代のスーパーコンピュータ(スパコン)が連携することで、エネルギー、衣食住、医療・福祉、安全保障等、全ての社会課題が解決できる」と話す。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り86%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。