2016年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

健康ビジネス

アウトドアフィットネス 自然は「遊び場」、スポーツを日常に

黒野 崇(BEACH TOWN 代表取締役兼グループCEO)

3
​ ​ ​

クラブハウスは、リノベーションした古民家。海や山を舞台に、日常的にフィットネスを楽しむ。その新ビジネスは、多くの企業・自治体からも注目を集めている。

提供:株式会社BEACHTOWN
2016年1月、東京都多摩市にオープンした日本初の温室ヨガスタジオ「Junglesity」。温室は年間20℃に保たれ、都市生活者が緑と共生する豊かな環境がつくり出されている

風を切りながら里山を走り、空と大地を感じながらヨガを楽しむ。海や山などの自然資源、企業が持っている遊休地、まちの公園などを舞台にスポーツを楽しむ「アウトドアフィットネス」が人気だ。

アウトドアフィットネスを生み出したのは、BEACH TOWNのCEO、黒野崇氏。2007年に神奈川県葉山町で「BEACH葉山アウトドアフィットネスクラブ」を創業したのを手始めに、現在までに全国で20近い施設を手掛けている。

2015年に東京・昭島にオープンした「クライミングジム&ヨガスタジオ PLAY」は、飛行機の格納庫を再活用した施設だ。「PLAY」には現在、月額会員とチケット利用の会員を含め、5000人の会員がいる。商圏が10万人規模の昭島で、すでに多くの住民に浸透していることがわかる。

「PLAY」のウェブサイトには、次のメッセージが書かれている。

「アウトドアスポーツを日常に。人生を『遊び続ける』きっかけの場所。美しい自然の中で楽しく『続けること』。遊びながら、気づいたら健康に」

それはそのまま、黒野CEOがアウトドアフィットネスという新業態で目指すビジョンでもある。

2016年4月にオープンした宮崎市の「SURF CITY」。クラブハウスは、大正時代の古民家を再生。古い柱や建具はそのまま残し、歴史観を大切することで、心温かい空間を実現した

趣味のアウトドアがヒントに

黒野CEOは1970年生まれ。日本体育大学の健康学科でスポーツ医学を学び、卒業後は病院が経営するメディカルフィットネスクラブに勤務。それは病院自らが「なるべく病院に頼らない身体づくり」を実践する先進的な取り組みであり、日本初の施設だった。

黒野CEOは予防医療の現場に身を置き、その仕事にやりがいを感じていたが、次第に違和感も覚えるようになった。

「ベルトの上を走り続けるような運動では、継続へのモチベーションが生まれません。長く続けないと効果は出ず、やめると身体機能は元に戻ってしまいます」

残り72%

3
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中