プロバスケに熱狂、沖縄で実現した「奇跡」

プロバスケで、ダントツの集客力を誇るチームが沖縄にある。琉球ゴールデンキングスは、試合会場を「劇場化」してファンを惹きつけ、地域に新しいスポーツ文化を根付かせる。仕掛け人は、異色の経歴を持つ経営者だ。

試合会場を徹底してショーアップし、スポーツ観戦をエンターテインメントにした

体育館の照明がパッと落ちる。暗転した空間で光り輝くミラーボールと色鮮やかなライティングが、体育館をライブ空間に変える。テクノ風の沖縄民謡をバックに、名前を呼ばれた選手がスポットライトを浴びながら、観客席に手を振る――。

本場NBAのようなインパクトを持つこの試合前のシーンは、bjリーグで優勝3回を誇る琉球ゴールデンキングスの名物だ。

キングスは、bjリーグで圧倒的な存在感を放つ。1試合の平均観客動員数が1500~1600人のbjリーグで、キングスのそれは3200人を超える。毎試合、体育館はほぼ満員で、立ち見も出るほど盛況だ。年間10万人を集め、スポンサー数は協賛を含めると約200社に達し、2007年のチーム創設から3年目以降、黒字経営を続けている。

しかし、初年度からこれだけの観客、スポンサーが集まったわけではない。キングスがbjリーグに加入した2007~08シーズン、観客数は約1600人、スポンサーの数も20~30社程度だった。運営会社の沖縄バスケットボール、木村達郎社長は「最初は、今のように毎試合3000人の観客でいっぱいになるとは想像もできなかった」と振り返る。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り72%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。