ソニー、学研、富士通等 大手企業のオープンイノベーション戦略

共創型オープンイノベーションを持続させるには、“場”をつくるだけでなく、それを維持・活性化するための制度も必要になる。大企業の事例から、エコシステムのつくりかたや方法論を考える。

ソニーが7月にオープンしたクラウドファンディング・Eコマースサイト「First Flight」

ソニー
ユーザー共創サイトを立ち上げ

最近、企業の新規事業やオープンイノベーション担当者の話題に必ずのぼるのがソニーの新規事業育成への取り組みだ。同社は7月1日、クラウドファンディングとEコマースの機能を持つ「First Flight」をオープンした。テーマはユーザーとの共創・共想。ティザー(企画段階)、クラウドファンディング、Eコマースの3段階それぞれでユーザーの声を聞き、製品開発や次の企画に役立てるという仕組みである。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り86%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。