事例から学ぶ、プライベートDMP 導入の極意

幅広いマーケティング活動が実現できるプライベートDMPが、様々な業種から注目を集めている。導入と運用のポイントは何か。

プライベートDMPの仕組み

プライベートDMPで実現できるマーケティング活動の最適化

プライベートDMPは、Webサイトのログや顧客の購買情報、プロモーションの結果など企業内に散在しているマーケティングデータを統合し「見える化」した上で、マーケティング活動の最適化を支援する機能を果たす。

企業には多種多様な保有データがあるが、それを整理・集約し「どんな戦略を立て、どんなマーケティング活動を行うか」に答えを出すことを目的とする。

つまり、プライベートDMPを活用すれば、既存顧客や見込顧客とどのようなコミュニケーションをとり、購買や申込みのコンバージョンにつなげていくかや、いかにLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を高めていくかなどの効果的な戦略を立てることが可能である。しかし、ツールを導入しただけではうまくいかないのが、プライベートDMPの難しさでもある。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り67%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。