2015年7月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

最先端マーケティングの極意

事例から学ぶ、プライベートDMP 導入の極意

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

幅広いマーケティング活動が実現できるプライベートDMPが、様々な業種から注目を集めている。導入と運用のポイントは何か。

プライベートDMPで実現できるマーケティング活動の最適化

プライベートDMPは、Webサイトのログや顧客の購買情報、プロモーションの結果など企業内に散在しているマーケティングデータを統合し「見える化」した上で、マーケティング活動の最適化を支援する機能を果たす。

企業には多種多様な保有データがあるが、それを整理・集約し「どんな戦略を立て、どんなマーケティング活動を行うか」に答えを出すことを目的とする。

つまり、プライベートDMPを活用すれば、既存顧客や見込顧客とどのようなコミュニケーションをとり、購買や申込みのコンバージョンにつなげていくかや、いかにLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を高めていくかなどの効果的な戦略を立てることが可能である。

残り68%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中