イノベーターは「心と体を整える」 スポーツが育む「経営の力」

スポーツに挑戦することで、仕事のパフォーマンスを高める。 トライアスロンで世界を転戦し、数多くの経営者、起業家のトレーニングにも協力してきた白戸太朗氏は、スポーツがビジネスを加速させる原動力になると語る。

白戸 太朗(アスロニア代表、スポーツナビゲーター、トライアスリート)

--スポーツをする経営者、起業家は増えています。また、ご自身もトライアスロンに挑むアスリートでありつつ、経営者でもあります。スポーツとビジネスの共通点を、どこに感じますか。

白戸 目標を決め、計画を立て、それを実行していくプロセスは、ビジネスもスポーツも同じです。スポーツでは、自ら計画・実行したことが、どのように成果につながったのか、ビジネスの世界以上に実感することができます。スポーツの良いところは、わかりやすい形で成功体験を積み重ねられること。たとえば、目標タイムを設定してそれを達成したら、さらに次の目標に挑む。段階を追って、パフォーマンスが高まっていくことを実感できます。

「健康のための健康」ではダメ

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り85%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。