200万円のハンドベルを事業化へ 小さな企業の大きな構想

精密機械分野で培われた、長野県中小企業の優れた技術力。これを活かし、新事業や自社ブランド製品に挑む企業も多い。ハンドベルの事業化を進める、飯田市の花井精機を訪ねた。
取材協力・リンカーズ

 

花井精機が異業種連携で開発中のハンドベル

花井精機は社員10人の小さな企業。NC自動旋盤による超微細加工に強みを持ち、高付加価値な医療機器部品が売上高の6割を占める優良企業だ。近年では、日本にプレイヤーがほぼいないハンドベルの開発に取り組み、メーカーへの脱皮を目指している。

社長の花井孝文氏は、もともと東京でSEとして活躍していたが、約20年前に父親の跡を継いで社長に就任。当時は時計やカメラの部品製造が主力だったが、顧客メーカーの海外シフトで受注は急減していた。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り79%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。