宝塚歌劇団 100年受け継がれる小林一三の構想

2014年に100周年を迎えた宝塚歌劇団は、阪急電鉄沿線の魅力づくりとして構想された劇団である。多くのファンを魅了し続ける理由はどこにあるのか。

100周年公演では第一作「ドンブラコ」が再現された

偶然の産物であった「宝塚歌劇」

宝塚歌劇団は、宝塚大劇場(宝塚市)、東京宝塚劇場(日比谷)の常設劇場に加え、全国各地での公演をあわせて年間1500ステージ、約250万人を動員している。「清く、正しく、美しく」がモットーで、親から子へと三世代にわたって劇場に通うファンも少なくない。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り85%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。