社会イノベーションは事業アイデアの宝庫

法改正や新法の制定で、社会の枠組みは大きく変わる。事業家には変化を見極め、チャンスを見出す視点が必要だ。本特集で取り上げた3つの法案・構想を総括する。

岸波 宗洋 事業構想大学院大学 事業構想研究科准教授、事業構想研究所教授(兼任)

今回の社会イノベーション特集は、法改正や新法制定を起点として新たなビジネスを構想する、企業内イノベーションを目指す諸氏、起業を志す諸氏、そして地域活性化を願う諸氏に向けた、大いなるビジネスチャンスの提示だ。

実は、法改正や新法制定のように我々の生活にとって影響力を持つ出来事は、そう多くはない。2014年度通常国会において提出された法案は内閣提出が81件におよび、税・医療・行政制度の改編や電気事業法改正による電力小売自由化、小規模企業振興基本法によるベンチャー活性化など、各省庁から多様な法案が提出された。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り77%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。